高岡鋳物缶FLAT(たかおかいものかんふらっと)

LINEで送る

もう少し鋳物のハードルを下げたい

原型どうする?

FLAT1鋳造に必ず必要な物が「原型」です。
「原型」なしでは鋳物がつくれません。

砂型鋳造の場合は、原型を型取ったあとに砂型から抜くことができればいいので(材質は砂がくっつかないもの)、身の回りにある日用品も型として使えたりします。
または3Dプリンターやシリコンなどで自作の原型をつくることもできます。

でも、それってオリジナリティがないし。
3Dプリンターやシリコンなんて難しすぎる。

というのが高岡鋳物缶購入を検討中の方や、ビギナーユーザーさんの正直な気持ちではないでしょうか。
この「原型」をもう少しなんとか簡単にオリジナリティのあるものでユーザーさんに提供ができないかと考えました。

はんぶんこはFABスペースです

はんぶんこはFABスペースの運営も行っています。
FABスペースには三種の神器というものがありまして、「レーザー加工機」「3Dプリンター」「デスクトップCNC」の3つです。

「3Dプリンター」と「デスクトップCNC」を使うには3D-CADのデータが必要になるので、専門知識がない方にはデータ制作が難しく、制作代行も大変です。
ただ、複雑な立体物でなければ簡単な3D-CADデータで制作が可能です。
「レーザー加工機」はJPEG画像を使って加工できて、5mm程度の厚さなら原型用の素材を切り出すことができます。

なんだか難しいことをいろいろ書きましたが、つまりは

「フラットな形のものなら簡単に原型がつくれる」

ということです。
こちらで原型制作を行うことで(もちろん有料ですが。。)、今よりももっと気軽にユーザーさんオリジナルの箸置きやアクセサリー、小さなオブジェをつくれるのです。

砂型ももう少し簡単にならないの?

FLAT5フラットなものをつくるのであれば、砂型は今の鋳物缶よりももっと小さくて浅いものでよくなります。
上枠もぺったんこなものを乗せて固定すれば大丈夫。
そうすると随分と製作の手間が省けます。

缶スペック

缶名:高岡鋳物缶FLAT(たかおかいものかんふらっと)
缶内容:
・純錫(99.95%) 500g
・鋳物砂 2kg程度
・ミニ木枠(上枠なし) 約100mm角
・その他。鍋はつきませんので、ステンレス製以上の鍋をご用意ください。

アルミの鍋では穴があく可能性があります。また、一度、溶解用の鍋として使ったら、絶対に食用には使用しないでください。
価格:19,440円(税込)
消耗品:
 純錫(99.95%) 1,000g 4,860円(税込)※2017年1月20日現在
 相場によって価格は変動いたします。ご了承ください。
 10キロ以上ご購入の方は割引がございますので、ご相談ください。
原型:オーダーメイドでおつくりします。オーダー方法、制作費は決定次第ご案内いたします。
その他、ご用意するもの:特になし

高岡鋳物缶FLATのご購入はこちらからお願いします。

高岡鋳物
 高岡銅器の起源は1609年、加賀藩主の前田利長が高岡城へ入城し、高岡の町を開いた際、町の繁栄を図るために、1611年(慶長16年)に礪波郡西部金屋村(現・高岡市戸出西金屋)から、金森弥右衛門ほか7人の鋳造師を現在の高岡市金屋町に呼び寄せたことから始まりました。
工程は原型師が像の元となる雛型の造型を行い、それを鋳型に置き換え、溶解した金属を流し込み、型を外して研磨・着色・彫金(彫刻・象眼)といった加工を施した後、仕上げを行って製品が完成します。
LINEで送る

コメントを残す

SNSアカウントでログイン/メンバー登録
メンバーIDでログイン
   

*メンバー登録をすることで、当サイト利用規約及びCookieの使用を含むデータに関するプライバシーポリシーに同意するものとします。